【mį】第16回函館だいもん大学「箱館戦争ゲーム化プロジェクト」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 29

函館だいもん大学ついに凄い講義を開催しました!!

「箱館戦争ゲーム化プロジェクト」

箱館戦争をシミュレーションゲーム化したらどーなの??

講師は北見健 氏

北見健 氏
函館ラサール高校、東京学芸大学卒業
コーエー(現コーエーテクモゲームス)入社
「ウイニングポスト3」「ウイニングポスト4」のディレクターを担当し
「太閤立志伝Ⅳ」でプロデューサーとして初の指揮
その後「三國志Ⅹ、Ⅺ」「信長の野望・天道」のプロデュースを務める

本物が来ちゃいました!!

大門の人脈凄いです!!

DSC_1172

ご本人登場を事前に知らせてただけあって、新規の若い参加者が多数いらっしゃいました

ありがとうございます!!

DSC_1173

今回は髙澤団長との掛け合いで進行して行くスタイルです♬

内容が基本函館戦争なので、ある程度の予備知識は必要かもしませんね

僕は小中と自由研究の題材で函館戦争を取り上げてるので、それなりの予備知識はある方だと思っております

DSC_1175

だいもん大学始まって依頼の濃過ぎる内容で進行しております

あくまでもゲーム化なのですが、そもそもなぜそれをゲームにしたいのか!?

と言う基本ベースの話からスタートしました

何が目的でゲーム化するのか??誰がターゲットで、その人達に最後何を与えたいのか!!

すげー難しい!!

けど、実際商品化となるとそこのお話が大事ですよね

グランドデザインのお話。

知り合いの学校の先生も今回参加してくれましたが、これは今の子供を教える俺達にも

そして子供達そのものにも大事な部分だよな!!と言ってました。

DSC_1176

難しい濃い内容ながら、皆さんメモを取りながら真剣でした

DSC_1179

二股口の戦い!!

これだけで胸が熱くなる男達も多いはず

と、書いてる自分が熱くなってきた!!

来年仕事が一段落したら、箱館戦争跡地カメラ撮影ツアーでもしよう!!

ちなみに僕は年始にやった長時間大河ドラマで「五稜郭」と言う箱館戦争の題材のドラマをDVDでもっております

DSC_1180

本当の登場人物はこれの10倍以上で、有名所が沢山これに関わっているんですよ

最後降伏と言う形で幕が降りましたが、この時に品川から西郷隆盛軍が函館に向かって出港していたの知ってましたか!?

絶対に勝てない戦いでも挑まないと行けない時ってあるんですよねぇ・・・

ちなみに西郷さん函館港に入港しております!!

知られてない事実が沢山ありますよ

函館は。

僕も話すとそれなりに長くなっちゃうので、この辺で・・・

DSC_1182

頭使うとお腹空きます。

皆さん思う存分やって下さい♬

お疲れ様でした!!

函館だいもん大学が随時生徒募集しておりますのでTMOか僕に聞いて下さいませ。

スポンサーリンク
スポーンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポーンサーリンク