【mį】iPhone6PlusのBluetoothは何台まで同時接続出来るの!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 29

結構前から気になっていたんですが中々時間が取れなくて

少しづつ調べておりました。

皆さんも興味津々でしょうねぇ。(超極一部の方へ)

きっとほとんどの方は興味ございません(笑)

なのでGoogle先生で調べました

「我々スタッフが 一生懸命、一生懸命捜しました。皆さん見つかりませんでした」(紳助)

見つからないのかーい!!

きっと書いてる方いるんでしょうが、探し方が下手くそなのか

欲しい情報として出てきませんでした。

しゃーない1つつづやってくか。

スポンサーリンク
スポーンサーリンク

Bluetoothとは??

せっかくなので一応コレやっておきましょう

短距離無線通信技術の1つです

エリクソン社の社内プロジェクトとして開発がスタートされました。その後、1998年に通信およびコンピュータ業界の大手5社(IBM・インテル・エリクソン・東芝・ノキア)によってBluetooth SIGが設立され現在に至ります。今では世界中で18,000を超える企業がBluetooth SIGに登録しており、全世界で約20億台のBluetooth製品が出荷されています(2013年2月現在)。

ちなみに見つけたので。

名称の由来

名称はスウェーデンのエリクソン社の技術者がつけたものである。初めてノルウェーとデンマークを交渉により無血統合し、文化の橋渡しをしたデンマーク王、ハーラル・ブロタン・ゴームソン (Harald Blåtand Gormsen / Haraldr blátǫnn Gormsson) が「青歯王」と呼ばれたことに由来している。Blåtandを英語に逐語訳したものがBluetoothである。「乱立する無線通信規格を統合したい」という願いが込められている。
Bluetooth のロゴは、北欧の長枝ルーン文字(イェリング墳墓群の石碑に見られる)でハーラル・ブロタンの頭文字の H と B を組み合わせたものに由来する

(´・∀・`)ヘー

知りませんでしたねぇ♬

Bluetoothに種類がある

バージョン

1.0b
最初のバージョン。

1.0b + CE (Critical Errata)
1.0bに修正を加えた。

1.1
普及バージョン

1.2
2.4GHz帯域の無線LAN (IEEE 802.11/b/g) などとの干渉対策が盛り込まれた。2003年11月公開。

2.0
容量の大きいデータを通信する際に最大通信速度が3Mbpsの通信に切り替えるEDR (Enhanced Data Rate) がオプションで追加できるようになった。2004年11月公開。

2.1
ペアリングが簡略化され、近距離無線通信のNFC (Near Field Communication) に対応した。マウスやキーボードなどのスリープ時間が多い機器のバッテリーを最大で5倍延長できる「Sniff Subrating」機能を加えた。2007年3月公開。

3.0
Protocol Adaptation Layer (PAL) とGeneric Alternate MAC/PHY (AMP) によって無線LAN規格IEEE 802.11のMAC/PHY層の利用が可能となり、最大通信速度が24MbpsとなるHS (High Speed) がオプションで追加できるようになった。また、電力管理機能を強化して省電力性を向上させた。2009年4月公開。

4.0
従来のバージョンに比べ大幅に省電力化された(Bluetooth Low Energy)。Bluetooth SIGが公開する資料によれば、ボタン電池1つのみでも数年駆動可能としている。転送速度は1Mbpsだが、データパケットサイズが8 – 27オクテットと非常に小さくなっている。これは、例えば家電製品などに搭載されたセンサとのデータ通信に向けた仕様となっている。この点が3.0+HSと方向性が異なっており、ベンダは3.0+HS、4.0をそれぞれ目的別に採用するものとされている。2009年12月公開。また、4.0は以前のバージョンとの互換性を持たない。ただし、ホスト側は2.1もしくは3.0を組み込んだ「デュアルモード」を実装できる。

4.1 4.2
Bluetooth Smart の通信速度(アプリケーションスループット)が260kbpsから650kbpsに2.5倍高速化。Bluetooth Smart が IPv6/6LoWPAN でインターネット接続できるようになる。

クラス

クラス 出 力 到達距離
Class 1 100mW 100m
Class 2 2.5mW 10m
Class 3 1mW 1m

プロファイル

これが1番ややこしくて重要です

Bluetoothはその特性上、様々なデバイスでの通信に使用される為、機器の種類ごとに策定されたプロトコルがあり、それらの使用方法をプロファイル (Profile) と呼び標準化している。 通信しようとする機器同士が同じプロファイルを持っている場合に限り、そのプロファイルの機能を利用した通信をおこなえる。 代表的なものに以下のプロファイルがあり、Bluetooth対応機種であっても利用する機器の双方が適切なプロファイルに対応している必要がある。

GAP (Generic Access Profile)
機器の接続/認証/暗号化を行うためのプロファイル。

SDAP (Service Discovery Application Profile)
他のBluetooth機器が提供する機能を調べるためのプロファイル。

SPP (Serial Port Profile)
Bluetooth機器を仮想シリアルポート化するためのプロファイル。

DUN (Dial-up Networking Profile)
携帯電話・PHSを介してインターネットにダイヤルアップ接続するためのプロファイル。

FTP (File Transfer Profile)
パソコン同士でデータ転送を行うためのプロファイル。ファイル転送プロトコルのFTPとは無関係。

HID (Human Interface Device Profile)
マウスやキーボードなどの入力装置を無線化するためのプロファイル。

HCRP (Hardcopy Cable Replacement Profile)
プリンタへの出力を無線化するためのプロファイル。

BPP (Basic Print Profile)
プリンタへ転送・印刷するためのプロファイル。

OPP (Object Push Profile)
名刺データの交換などを行うためのプロファイル。

SYNC (Synchronization Profile)
携帯電話・PHSやPDAと、PCとの間で、スケジュール帳や電話帳のデータ転送を行い、自動的にアップデートするためのプロファイル。

LAP (LAN Access Profile)
Bluetoothを利用して無線LANを構築するためのプロファイル。FAX (FAX Profile)PCからFAXを送信するためのプロファイル。

HSP (Headset Profile)
Bluetooth搭載ヘッドセットと通信するためのプロファイル。モノラル音声の受信だけではなく、マイクで双方向通信する。

HFP (Hands-Free Profile)
車内やヘッドセットでハンズフリー通話を実現するためのプロファイル。HSPの機能に加え、通信の発信・着信機能を持つ。

BIP (Basic Imaging Profile)
静止画像を転送するためのプロファイル。

PAN (Personal Area Network Profile)
小規模ネットワークを実現するためのプロファイル。

A2DP (Advanced Audio Distribution Profile)
音声をレシーバー付きヘッドフォン(またはイヤホン)に伝送するためのプロファイル。HSP/HFPと異なり、ステレオ音声・高音質となる。

AVRCP (Audio/Video Remote Control Profile)
AV機器のリモコン機能を実現するためのプロファイル。

PBAP (Phone Book Access Profile)
電話帳のデータを転送するためのプロファイル

OBEX (Object Exchange)
オブジェクト交換 (OPP、BIP、FTP、SYNC) で用いる認証方式の一つ。データ転送プロファイルの一つで、実装しているとデータ送受信時にOBEX認証パスキーの入力を接続相手に要求する。

ICP (Intercom Profile)
同一ネットワーク内にあるBluetooth搭載携帯電話同士を公衆電話網を介さずに直接、接続させるためのプロファイル。

HDP (Health Device Profile)
健康管理機器同士を接続するためのプロファイル。

(-_-)zzz

( ゚д゚)ハッ!

起きてますか!?

本題のiPhone6Plusは!?

バージョンは4.0です

地味にこの4.0にも種類があるんですが割愛します(笑)

使用出来るプロファイルは

ハンズフリー プロファイル (HFP 1.6)
電話帳アクセス プロファイル (PBAP)
高度オーディオ配信プロファイル (A2DP)
オーディオ/ビデオ リモートコントロール プロファイル (AVRCP 1.4)
パーソナル エリア ネットワーク プロファイル (PAN)
ヒューマン インターフェイス デバイス プロファイル (HID)
メッセージ アクセス プロファイル (MAP)

そしてクラスは2です

iPhoneから10m離れるな!!(笑)

最後になりましたが肝心な同時接続数です

7台!!

IMG_8541
目の前にBluetoothデバイスが3つしかなかったので(すぐ3つもあるのかよ)

いや、部屋戻れば7台なんてアッと言う間に・・・

取り敢えず同時接続です

3つ繋がってますね!!

いまいちピンと来ない人。

例えば、iPhoneやiPadにBluetoothのキーボードを繋ぎながらも

Bluetoothのヘッドホンで音楽も聴ける。

更にウェアラブルデバイスも繋げておける。

うん!!

一応7台までOKと分かったので満足!!

これで皆もBluetooth博士だ。

周りの人に話してね!!

ふーんって流されるから(笑)

もし周りに興味のある人がいたら「ミヤチャンブログ」を見なさいとお伝え下さい♬

スポンサーリンク
スポーンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポーンサーリンク