【mį】Apple Watchのアプリ表示で視差効果を減らしたら見やすくてとても良くなった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 31

Apple Watchを買って3日目くらいでもう実行していたんですが

とても見やすく使いやすいのでご紹介したいと思います!!

スポンサーリンク
スポーンサーリンク

視差効果を減らす

まずは色んなところで見て知っていると思いますが

デフォルトではこうなっております

IMG_8983
イメージとしては見えない球体に丸型のアプリが張り付いてると言う感じでしょうか

小さいのも押せない事もないんですが、ただでさえ画面が小さいのでその隣が押ささってりして困ってました。

そこでこれを変えてしまおうと言う事です

ではいつものいきます(笑)

IMG_8985-2
設定→一般

IMG_8986-2
アクセシビリティから

IMG_8987-2
視差効果を減らすをオンにします

すると

IMG_8984
このように均等表示になります!!

表示アプリ数は多少少なくなりますが、全部同じ大きさになるので押しやすくなり快適になりました♬

ミヤチャン的には

デジタルクラウンの位置を逆にした記事にも書きましたが

Apple Watchはガジェットです!!

操作性が大事です。

下からスワイプして使うグランスもありますが、使用頻度の少なめのアプリはこの画面に置いてあります

なので見つけたら即押してアプリを立ちあげて使いたい

これをした事で隅にあっても同じ大きさなので画面を動かす事無くアプリにアクセス♬

とても快適になりました

あのデフォルトのウネウネした感じが苦手な人や

アプリ押しにくいと言う人はぜひこれを設定して下さい

快適ガジェットライフを〜!!

スポンサーリンク
スポーンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポーンサーリンク