【mį】ひらくPCバッグに入れて置く大容量モバイルバッテリーを購入!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 31

1号機のモバイルバッテリーSANYO時代のエネループが死んで

今の2号機は2013年にcheero Gripに買い換えて使ってました

ポーチにも入る小型で便利です♬

でも容量が5200mAhでiPhone6Plusが2915mAhで1回半は充電可能ですが

iPad Airが8773mAhなのでそっちまではカバーするにはキツイ・・・

そして最強ガジェットバッグ『ひらくPCバッグ』を手に入れてから

常時入れて置ける大容量モバイルバッテリーが欲しいなぁ

と思っていた所に先日Ankerから新型大容量モバイルバッテリーは発売されました!!

スポンサーリンク
スポーンサーリンク

Anker PowerCore 20100

従来の20000mAhモバイルバッテリーから、サイズ重量ともに約30%の軽量化を実現。20000mAh以上のモバイルバッテリーでは、最もコンパクトです。

Anker独自技術PowerIQ(接続機器を検知し電流を最適化)とVoltageBoost(ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整)により、超高速充電を実現しました。

高い安全製を誇るパナソニック製バッテリーセルを採用。20100mAhの超大容量により、iPhone 6に7回以上、Galaxy S6に約5回、iPad miniに約2回の充電が可能です。

業界トップの4.8アンペア出力。タブレット2台も同時に急速充電が可能です。

コンパクトなのに20100mAh!!!

ひらPにはセカンドカメラのNEX-5RBeatsのヘッドホンも入れるので

バッグ内で充電して置けると非常にありがたいのです

そしてこれだけ充電したい物があると大容量じゃないと困るもです

Apple Watchの充電ケーブルも持って歩いてるので、最悪Apple Watchも充電OK!!

そしてAnkerの電力供給システムのIQを上回るVoltageBoostを搭載

IQとは

Anker独自技術PowerIQ™ テクノロジーによって、各USBポートは接続された機器を自動的に検知し、機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能です。業界をリードするAnkerの電源出力に加え、PowerIQTMテクノロジーのおかげで、より高速で最適な充電を実現しています。

さらに高速充電が可能になった!!

ちなみに12インチRetina MacBookはUSB-Cと言う端子を搭載して、

モバイルバッテリーからの充電も可能になってます

では開封

DSC_3300
気持ち大きめの箱です

DSC_3301
まーこんな感じ

DSC_3302
本体、ポーチ、ケーブルです

DSC_3303
モバイルバッテリーにデザインは求めません♬

けど、どれも似た感じですよね

DSC_3307
ひらPの内部のサイドポケットにモバイルバッテリーを入れてる人多いと思いますが

ジャストフィットです!!!!

DSC_3308
分かりやすく残量LED点灯させてます。

通常は消えてますからね♬

ミヤチャン的には

最高です

ひらPの内部サイドポケット専用モバイルバッテリーなのか!!

という位ジャストフィット

これでバッグ内充電が可能になった♬

ちなみに発売初日キャンペーン特価で3199円で買えました!!

こんな大容量なら2泊3日でもこのバッテリー1つで行けそうな気がするぅ

10月に札幌に仕入れ出張があるので、

このモバイルバッテリーだけで行って帰って来れるかテストでもしようかな??

スポンサーリンク
スポーンサーリンク